TOP >製品情報 >プラグ > L型プラグ 50A

L型プラグ 50A

L型プラグ50Aとは、電線の端末に結線し、コンセント等に接続して機器等へ電源を供給するために用いる器具です。栓刃の向きに対し、電線挿入口が90度(垂直)方向に向いているL型形状になっています。L型プラグをコンセントにさし込んだ後の電線は、壁面や盤面から近い位置で真下に落とす、あるいは横に向けることが可能なため(電線が出っ張らない)、電線が設備機器等の設置や通行の妨げになることを防ぐことができます。

【ラインナップ】
・平刃形:プラグ栓刃がストレート形状をしていて、抜き差し動作が一定方向のため一般的で取り扱いやすいさし込み口形状です。

製品情報

9522EL 接地3P(旧4P) 50A 250V 平刃形エルシェイププラグ

三相200V、接地3P(4心)平刃形の高容量プラグで、電線挿入口が栓刃に対して90゚方向に向いた「L型形状」となっているため、使用時の電線の出っ張りを抑えられ、省スペース化に貢献します。
外郭となるカバー部の材質には、難燃(UL94 V-0)仕様で、耐衝撃性に優れた超高強度樹脂のポリカーボネートを採用。さらにボディ材質には、耐熱性・耐トラッキング性等を有する難燃(UL94 V-0)仕様の強化ナイロン樹脂を採用したことで、安全性・耐久性を向上させています。
電線接続は、端子ねじの締め付けによる最も信頼性の高い「圧着端子式」の仕様です。
ねじ部分の出っ張りを無くし、操作性・安全性にも配慮しました。

電線を結線した本体をカバーに取り付ける際には上下左右の4方向を選ぶことができるため、横に出すことや、アースが下となっているコンセントでも対応可能です。
また本体へ結線する際のシース剥きは、どの方向でもすべて同一寸法で可能です。

プラグから出る電線を壁面から近い位置で真下に落とす、または横に向けることが可能なため、壁面と機器との距離を縮めることができます。
手前に電線が張り出すストレートタイプのプラグと比べ、省スペース化に大きく貢献します。
また、電線に体や機械の一部をを引っかけてしまうことを予防するなど、安全性の向上を図ることが可能です。

防雨形プレートとの併用で差し込み時も防水に

防水形リフトカバープレートを併用すると、コンセントにエルシェイププラグを差し込んだ状態でも、カバー(蓋)を閉めることによって、IPX3(防雨形)の防
またコンセントが下ではなく正面を向いているので、さし込み口を確認しながら、簡単にエルシェイププラグを差し込むことができます。水性能をを得ることができます。(防雨コンセント仕様)

エルシェイププラグ 結線作業動画

L型プラグ 50Aのラインナップ

型番 極配置 定格仕様 品名仕様 備考
8522EL
平刃形
3P 50A 250V エルシェイププラグ (プラカバー・L型) 黒色 プラカバー
L型
9522EL
平刃形
接地形3P 50A 250V エルシェイププラグ (プラカバー・L型) 黒色 プラカバー
L型